【胸糞退治!】トイレ内で部下をイ〇メる上司⇒洋式トイレからボソッと聞こえた一言で上司が青ざめた・・・

ゾッとするようで痛快な話。部下をトイレで執拗にいじめるDQNな上司と部下

個室からぼそっと聞えた一言に上司は顔色を失い・・・

 

個室に誰か入っているにも関らず、トイレで部下を苛め続けた上司の哀れな末路とは

ゾッとする話スレに投稿された話です。投稿者は都内のウェブ関連企業に勤務する入社5年の若手サラリーマンです。彼は入社後すぐに嫌な上司に目を付けられ、何かにつけて虐められるようになりました。

 

出典:karapaia.livedoor.biz

 

その上司とは彼が配属されたグループのリーダーで、虐めの片棒担ぎに彼の同僚まで加わったのです。こんな状況では出社が辛かったことは当然でしょう。

奴らの虐めの手口はまるで中学生レベルでした。出勤するとまずは使いッパシリです。コーヒーを買って来いと言うので、買って持って行くと「要らないから金返せ」と倍の金額を巻き上げる始末。

昼食後には「飯食っている姿がムカつく」と因縁付けて、彼をトイレで腹部を殴ることもあったと言います。正に理不尽な虐めを楽しんでいるのです。

上司と同僚が彼をいじめる理由は一つ。「雰囲気がムカつくから」だそうです…。

完全な言い掛かりで、仮にも社会人とは思えない思考の連中ですが、投稿者はここで会社辞めれば負けになると思い、1年歯をくいしばって耐えたそうです。

 

出典:money2015.blog.jp

 

そんなある日、例によって二人組にトイレに連れ込まれ、虐めに遭います…しかし、この日彼にとって奇跡が起こったのです。

いつも通り上司と同僚に昼食後呼び出され
トイレに行くと、タバコの吸えない私に
タバコを吸えと強要してくるのです。

そもそも、会社のトイレ内でタバコなど吸ってはいけません。
無理だと拒絶する私に力ずくで吸わせようとする2人。

すると…洋式トイレから一言…

「おーい、そーゆーのやめろよー。
ここ禁煙だぞー。

顔も名前も分からんから
とりあえず見逃してやるからー。」

と、その声の正体は明らかに社長。

洋式トイレの扉は普段から閉まっていて、
押すと開くタイプ。
なのでそこの一室に、ましてや社長がいるなんて
誰も思いもよりません。
何故なら、社長は社長室のある
一つ上階のトイレを利用するはずだったからです。

この事態に僕をイジメていた上司と同僚は声をひそめ
「行くぞ、来い!」と静かに私を引っ張りながら
トイレを後にしました。
「お前言うなよ。」と上司と同僚

出典:money2015.blog.jp

しかし衝撃的な出来事はこれで終わりませんでした。ある日出社するとオフィスに(何と!)あのイヤな上司と同僚のデスク上には何もなく綺麗に片付いていました。

この状態は一目見れば奴らはどこかに飛ばされたことくらい察しがつきました。しかし、何の予兆も無く? 訝る彼に一人の男性がニコニコ笑みを浮かべながら近づいてきました。

「おはよう!!」
この元気な声の主こそ社長本人。
ニコニコしながら私に近付き一言。
「社員一人一人の声は覚えている。
もちろん名前もな。
トイレは用を足すところだ(笑)
嫌な事があれば遠慮せずいつでも打ち明けて来い。」
こうボソっと話し、去って行きました。

出典:money2015.blog.jp

社長は全てお見通しだったのです。苛めた二人をリサーチして誰かを特定し、二人の虐めの実態を調べたところ他にも虐めやセクハラの被害者がいることが分かり、彼らは解雇されたのです。

社長の決断力と社員を公平に扱う対応は素晴らしいですね。投稿者は社長の下す処分の速さや、100人以上もいる社員の声を聴き分けていることに驚きながら次のように書いています。

100人以上もいる社員の中で
声だけで誰かを判別し、
そして見過ごさずに私1人と少数のために
犠牲を払ってまで対処をしてくれた事に驚きでした…。
今私は、この会社でグループリーダーを務め、
部下を大事に日々精進しています。

出典:money2015.blog.jp

 

出典:blog.goo.ne.jp

 

実に漢気のある社長ですね。これならついて行きたいと思うのも無理有りません。彼もやりがいを会社で得てよかったですね。
ネットの反応

・上司と同僚のやり口はDQNな中坊そのまま、多分昔からこんなことやっていたのだろう 因果応報だ
・胸がスカッとするスカッとジャパンみたいな話だけど良かったね
・ゾッとするのは社長の解雇決定までの速さ!これはリストラもやる時は思い切ってやる人なんだろう
・いじめは耐える必要無い、早く人事に相談する事が正論だろうが、この結末の方が面白い

いじめは大人社会を反映しているものということが良く分かる話でした。最後に正義の鉄槌が下ったところはスカッとする話の方が相応しいと思いますが、社長がどこで聞き耳を立てているかを考えるとゾッとする話です。

 

 

 

 

引用元:http://bazzoo.info/archives/49477?readmore

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ