『家の蔵で発見した』とDAIGOが持ってきたもの→価値がつけられない歴史的代物だった!!(詳細あり)

先日、女優の北川景子さんと結婚したアーティストのDAIGOさん。祖父は第74代内閣総理大臣の竹下登氏で、親戚にも数名の政治家をもっています。

 今回ご紹介するのはそんなDAIGOさんが、何年か前にテレビ番組のなんでも鑑定団に出演した際のお話です。『なんか家の蔵にあったんで、持ってきました』と言いながら持ってきたものが実はとんでもないものだったのです!!

 DAIGOさんは軽い感じで話していましたが、スタジオにいる出演者や鑑定士の方たちは驚愕の表情を浮かべていました。

そのとんでもないものとは??

鑑定士も驚愕の代物とは?

DAIGOさんが、普段どうりのゆる~い喋りで紙袋から取り出した代物は

「年号は平成っす、みたいな…現物っすね」

Jan.7.1989  年号発表をする小淵恵三官房長官 撮影 フジフォトス

Jan.7.1989  年号発表をする小淵恵三官房長官
撮影 フジフォトス

 なんと、『平成』の元号が発表された時の色紙でした!!

この色紙はこの時、官房長官だった小渕恵三氏が、1989年1月7日に行われた記者会見で発表されたものです。

 DAIGOさんが言うには、元号が発表された時の総理大臣が祖父だったため、「なんとなくのノリで」わが家に来たみたいです。

「これは…価値があまりにも高すぎて鑑定できません…」

世界にたったひとつしかない、とんでもない歴史的アイテムに、鑑定士は苦笑いでこう言っていました。そんなすごいもの金額なんてわからないし、決められないですよね・・・。

周りの人たちの反応にDAIGOさんは、

「どうしよう、コレこのまんま持ってきちゃった…」

と急に焦りを出し、大事に持って帰りました。

その後、色紙は

後日ラジオで再び『平成の色紙』について話題にしたDAIGOさん。

色紙を自宅に持って帰った日のことを話し出しました。色紙の価値がとんでもないということに気づいたDAIGOさんは、急遽、家族会議を開くことにしました。

「家族会議したら、俺たちがこの色紙持ってるのって、なんか違くね?ってなったんすよ」

その時に総理大臣だったから「なんとなくのノリで」DAIGOさんの家に持って帰ってきた『平成の色紙』。改めて価値の高さがわかり、これはちゃんとした場所に保管した方がいいのではないか?と家族みんなの意見が一致したそうです。

 その結果、色紙は、東京都千代田区にある国立公文書館に寄贈されました。DAIGOさんの家には現在、色紙のレプリカが置いてあるそうです。

まさか『平成の色紙』をDAIGOさんが持っていたなんて、総理大臣の竹下登氏の孫ということを改めて実感しましたね。

 

 

 

 

 

 

引用元:http://mizunews.jp/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ