マンションの解体作業中の10階辺りから鉄パイプが落下⇒歩道を歩いていた男性の頭部に突き・刺さりタヒ亡(現場写真あり)

マンションの解体作業中の10階辺りから鉄パイプが落下し歩道を歩いていた男性の頭部に突き刺さり死亡(現場写真)

14日の午前9時55分ごろに東京都港区六本木3丁目でマンションの解体作業中、そのマンションの下の歩道を歩いていた男性に向かって鉄パイプが上から落下してきました。

 

右側頭部に鉄パイが突き刺さり死亡

歩道を歩いていた男性は東京都新宿区に住む無職・飯村一彦さん(77)と70代の飯村さんの妻。解体作業中のマンションの下の歩道を歩いている時、マンションの10階辺りから鉄パイプが落下し、鉄パイプは飯村さんの右側頭部にそのまま突き刺さってしまいました。

飯村さんはそのまま病院に搬送されましたが、まもなく死亡が確認されました。一緒に歩いていた飯村さんの妻は腰に鉄パイプが当たり軽傷を負っています。

現場の状況

解体作業中のマンションは1階から10階まで足場が組まれており、落下防止用の板なども設置されていたようです。現場付近はその事故の影響で渋滞するなど一時混乱をしました。

現場写真

1

2

3

4

落下した鉄パイプは足場に使われる鉄パイプで長さ1メートル80センチのもの。女性の悲鳴で人が集まり、現場をその目で見た人は、「人が倒れていて血が大量い流れていた」と話していました。

この事故で警視庁は安全管理に問題はなかったか、業務用過失致死容疑で捜査を行うみたいです。

 

 

 

 

引用元:http://gatyapin.info/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ