【三代目JSBコンサート中止!】北海道で事故に遭い肋骨骨折のMAKIDAI、他にも命に関わる大けがをしていた!

クリスマスコンサート急遽中止

ファンがショックの中さらに大変な怪我をしていたことが発覚!

一刻も早く回復してほしいですね( ノД`)シクシク…

 

交通事故で重傷のMAKIDAI、肋骨骨折の他に肺挫傷も

24日午前0時30分頃、北海道でEXILEのMAKIDAIらが乗ったワゴン車が走行中に大型トラックと衝突し、MAKIDAIが肋骨骨折などの重傷を負うという事故が発生しました。この事故で札幌で行われる予定だったライブは中止となり、悲しむファンと共に容体を心配する声が多く上がっています。

MAKIDAI、肺挫傷も負っていた

事故の報道では肋骨骨折と言われていましたが、後に肺挫傷という怪我も負っていたことが判明しました。
肺挫傷とはどういう怪我なのかまとめました。

肺挫傷

肺挫傷は、胸部の鈍的(どんてき)外傷のなかで最も発生頻度が高いものです。肺組織に鈍的外力が直接作用し、または急激な肺胞(はいほう)内圧の上昇により、肺胞や毛細血管が断裂して引き起こされます。
通常は、外傷後数時間で症状が現れ、軽症のものでは3〜5日で自然に治りますが、広範囲の肺挫傷では急性呼吸不全から死に至る場合もあります。
一般的な症状は、胸部外傷に続発する呼吸困難、頻呼吸(ひんこきゅう)、血痰、チアノーゼ(皮膚などが紫色になる)などです。広範囲の肺挫傷では、低酸素血症(ていさんそけっしょう)に基づく意識障害や血圧低下を合併します。
https://health.goo.ne.jp

軽傷であれば問題ないとのことですが、広範囲に肺挫傷を負っていた場合は呼吸困難で死亡する可能性もあるとのことで安心は出来ないという状態でしょうか…。

一刻も早く回復して、また華やかなステージに復帰してほしいですね。

 

 

 

 

引用元:http://gatyapin.info/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ