【仰天!】娘にカキ氷代300円を渡して買いに行かせたら、なんと買ってきたのは350円のカキ氷!その理由とは…?

皆さんは小さい頃にしたおつかいを覚えていますか?初めてしたおつかいでは、普段はしないことでドキドキしていたかもしれませんし、意外とスムーズにできたりなど様々な人がいることでしょう。

今回は、Twitterユーザーであるたろすけさんの娘さんがしたおつかいについてのお話です。たろすけさんは子どもたちと水族館に行った時、カキ氷を娘さんにおつかいとして行かせるために300円を渡しました。

ところが、娘さんが買ってきたカキ氷は350円のものでした。一体なぜ350円のカキ氷を娘さんは買うことができたのでしょうか?

 

50円足りないカキ氷代

たろすけさんがうみの杜水族館に娘さん達と行った時のことです。水族館2階の売店に娘さんがアイスを買いに行きたがっていましたが、下の子が寝てしまったらしく、300円を娘さんに渡して買いに行ってもらいました。

ところが娘さんが戻ってきて、購入したカキ氷のレシートを確認すると、なんと350円のカキ氷でした。そこで50円足りなかったことに気づき、2階の売店に行くと、娘さんの後ろにいた人が代わりに50円を払ってくれていたようです。

その人は店員さんに、「お連れ様ですか?」と聞かれて「そうです」と答えていました。その後カキ氷代の足りない50円分を代わりに払いました。優しい心遣いで、きっとその人はいい人なんでしょうね。

ただ、娘さんはその時大喜びだったそうですが、どうやらその人にお礼をするのを忘れていたそうです。まだ小さいので、カキ氷代が50円足りなかったということすら理解できておらず、よくわからずに買えてしまったようですね。

 

kakigoori

 

帰りの車にて…

たろすけさんは帰りの車で娘さんに今回のことを説明していきます。お金はその人が一生懸命働いて手に入れたもので、そのお金を払ってもらったこと、それなのにお礼をしないのは良くないといった内容でした。

そういったことをひとしきり喋り終わった後、娘さんは「お兄さんがかわいそう」「ありがとうって言えなかった」と、泣いて悔しがっていました。小さい子なら知らないのもしょうがないですが、感謝の気持ちを伝えることは、きっちり覚えておくべきことですね。

 

kakigoori2

 

そして、たろすけさん自身も、50円を娘さんに出し忘れてしまった事も悪いと娘さんに謝りました。また、Twitter上でたろすけさんは、その時の感謝の気持ちを述べています。

 

kakigoori3

 

Twitter上での反応

世の中には悪い人やよからぬことを考える人が山ほどいますが、今回の人のように50円を払ってくれるがいるものです。なんだか世の中捨てたものではないですね。

今回のことは、娘さんの喜びに繋がっただけではなく、たろすけさんやその他の人も話を聞くだけで幸せな気分にします。辛いことがあってもこういった話を聞くだけで安心できますね。

また、たろすけさんはその後50円を募金にまわし、娘さんに50円を払った優しさが他の誰かに届くように願いました。本当に今回のお話は、全員が幸せな気分になる素晴らしい出来事でした。以下は、そんな今回のお話に対してのTwitter上の反応です。

 

 

 

引用元:http://mizunews.jp/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ