【衝撃の展開】突然看守が心臓発作に!その時囚人達がとった行動が話題に!!!※画像あり

アメリカ・テキサス州にある保安官事務所の地下にある留置場の監視カメラ映像です。この映像は、2016年6月23日に起きた騒動を撮影したものです。この留置所に収容された収監者達、驚くことにこの収監者達は、目の前に看守がいるにも関わらず、監房の扉を力任せにこじ開けて、次々と脱獄していきます。看守がいるのに堂々とした脱獄事件ですね!この収監者の脱獄現場に目の前にいる看守は、勿論気付いているはずなのですが、
しかし、看守は椅子に座ったまま動こうとしません。収監者達は、驚きの行動は、これだけじゃありませんでした。驚いた事に収監者達は、看守の様子を覗いています。ですが、看守は椅子に座ったままびくともしません。

一体この看守に何が起こったのでしょうか?

 

看守と会話していた囚人たちは、ある異変に気付きます

 

rou3

 

2016年アメリカ・テキサス州にある保安官事務所の地下の収容所に収容された8人の収監者達。看守と雑談をしていると、収監者たちはある異変に気付きます。その異変とは、大変な事に看守が突然、意識を失ってしまったのです。この異変に気が付いた収監者達は、突然立ち上がり監房の扉を力任せに抉じ開けます。そして、彼らは扉の外に出て心配そうに看守の様子を覗きました。しかし、看守の意識は失ったままで、びくともしません。
収監者達は、そのまま脱走してしまうのでしょうか。

囚人たちの驚きの行動!

 

rou3

 

看守のが意識を失ってしまい。そのまま鍵を奪って脱走してしまうのかと思いきや、収監者達は、この後驚きの行動にでます。

収監者達は、意識を失ってしまった看守を救う為に、上の階にいる人に扉を叩いたり壁を叩いたりしながら大声で叫び始めました。中には、看守の無線機を使って外部に連絡しようとした収監者もいます。
収監者達の声に気が付いた職員は、上の階から駆けつけてきて、収監者達を監房の中に戻すと、気を失っている看守を病院へと搬送しました。
気を失っている看守を心配そうに見つめていた収監者達。収監者達のおかげで、看守は、命を取り留め、現在は安静にしていますが、もうすぐ職場復帰できるそうです。

銃殺される可能性もあった囚人達の勇気ある行動

心臓発作を起こして、気を失ってしまった看守を助ける様子を監房の中から見ていた、収監者のニック・ケルトンさんは、「看守は、私たちの目の前で突然意識を失ったんです。正直、亡くなったかと思いました。
でも、彼らは看守を必死に助けようとしました。もしかしたら、脱獄と見なされ銃殺される可能性もあったのに…」と語ります。
また、保安官事務所の職員は、「囚人たちは、銃を扱うことができないよう手錠をしています。
彼らが銃を盗むために看守に近付いたのではなく、助けるためにこのような行動をとったと断言できます」とこの時の状況を話します。保安官事務所では、看守の命が助かったのは収監者たちの素早い対応のおかげだと称賛しています。

今回の看守の命を救った収監者達が、どんな犯罪を犯して監房の中に収監されているのかは、分かりません。しかし、看守を助けた収監者達はもしかしたら自分が銃殺される可能性もあったのに、それを顧みず、看守の命を救おうと立ち上がったのは確かです。

同州・パーカー郡の保安官事務所は、今回の動画を公開しています。

 

rou2

 

今回の騒動で、看守にとって命の恩人となった収監者達ですが、保安官事務所側は防犯設備に問題があるとして、警報器の音量を上げるなどの対策を今後の為にとるそうです。

収監者達のおかげで看守の命が救われて本当に良かったですね。

 

 

 

 

 

引用元:http://mizunews.jp/​

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ