【賛否両論】最後の大会・全国高校野球の浦添商業の敗北の仕方があまりにも可哀想すぎる・・・。

全国で次々に開催されている全国高校野球。

甲子園を楽しみにしているファンもかなり多いと思います。

高校球児にとってはこの大会の為に毎日過酷な練習をやってきて、その成果を出す3年生最後の大会です。

 

そんな大会の予選、沖縄大会で誰も予想していなかった結末を迎え大注目を集めた1戦がありました。

それは7月9日に行われた『浦添商業×小禄』の試合です。

ベスト8をかけた大事な1戦で7回終了時点で7対8と浦添商業が1点を追う大接戦でした。

8回表の浦添商業の攻撃でまさかの結末が

1点差の大接戦で迎えた8回表の浦添商業の攻撃。

浦添商業は粘りを見せこの回、適時打とスクイズでどうにか2点をもぎ取り逆転に成功。

浦添商業が逆転に成功

会場も大盛り上がり!

「高校野球は最後まで何が起こるか分からない」これが楽しくてプロ野球ではなく高校野球が好きな人もかなり多いと思います。

しかしこの後誰も想像していなかった結末が待っていたんです。

 

その裏の小禄の攻撃中にノーアウト1塁の場面で雨が降り出し一時中断に。

その後も雨が止む気配は全くなく試合は降雨コールドゲームが成立しました。

試合は8回裏の小禄の攻撃中ですが、大会の規定により8回の表・裏の攻撃はお互い無効となり小禄の勝利となってしまったのです。

 

8回表に逆転し勝利の流れが来て勝っていたのに敗北・・・。受け入れられない現実に浦添商業の選手たちはまだ試合ができることをもうアピール。応援団も雨の中応援をやめませんでした。

しかし猛抗議も通らず試合結果は覆ることなく試合終了が宣告されました。

 

この残酷な結末にはファンからも賛否両論の声が絶えなかった

今回の試合結果について県高野連の又吉忠理事長はこのように話しています。

「規定の適用に問題はなかった。」と・・・。

ルールがあることは選手ももちろん分かっていると思いますがそのあまりに残酷な結果を受け入れられずに選手たちは試合終了後も泣き崩れ、見るに堪えない光景となってしまいました。

この試合結果はネット上で瞬く間に広がり大きな話題になりました。

『もうこんな思いするチームがなくなるように高校野球のルールを見直してほしい・・・。』

そんな結果になりながらも浦添商業の選手たちは素晴らしかった

ルールがあったとはいえ、浦添商業選手にはホントに気の毒な結果になってしまいました。

浦添商業の監督、宮良高雅監督は泣き崩れる選手たちに、「理解や納得ができないのは分かるがルールは変えられない。ここまでルールを守って頑張ってきただろう。」と選手たちに声をかけました。

試合後のミーティングでは、徐々に笑顔を見せる選手も現れその現実を受け入れようとしていました。

 

 

 

 

 

 

引用元:http://mizunews.jp

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ