【驚愕の新事実!】3億円事件の犯人に関する新事実が明かされた…これって・・・(※画像あり)

これ半端なく闇が深そう・・・

当時のいろんな駆け引きがあったんだろうか・・・

 

1: 2016/12/25(日) 12:58:17.48 ID:wpp+dTzj0 BE:961799614-PLT(13001) ポイント特典
今年夏、JR博多駅近くの路上 で、ジュラルミンケース に入れられた金塊が複数の男たちによって盗まれるという事件が起きた。その額およそ6億円 。ニュースを聞いて、多くの人が、いまから48年前に起きた「3億円事件」を思い出したことだろう。当時日本を揺るがし、“昭和最大の未解決事件“とも言われる事件だ。

1968年12月10日午前9時15分 。日本信託銀行の現金輸送車が 、東芝の府中工場へ向けて出発した。中には社員にボーナスとして支給される現金およそ3億円が積まれていた。現金輸送車は府中刑務所の塀の前、通称“学園通り“といわれる通りで白バイ警官に扮した一人の男に声をかけられる。これが「3億円事件」の始まりだった。

その“警官“は、現金輸送車の銀行員4人 に「先ほど支店長宅が爆破されました。この車にも爆弾が仕掛けられているかもしれません。調べますから降りてください」と声をかける。実は、事件から4日前、日本信託銀行 国分寺支店に「300万円支払わなければ支店長宅を爆破する」という内容の脅迫状が届いていた。それを知っていた銀行員は慌てて車を降りた。その隙だった。身を隠す銀行員たちを横目にすかさず現金輸送車に乗り込み逃げ去った。わずか2、3分の出来事だったという。その後、用意してあった別の車に現金を積み替え逃走。事件から1時間後に見つかった現金輸送車は、すでにもぬけのカラになっていた。

5268b6df

現場に残された多くの遺留品から、事件は早期解決かと思われたが、時代はすでに大量消費の時代。その多くは大量生産されたもので、犯人につながる決定的な証拠にはつながらなかった。捜査は難航。伝説の刑事といわれた平塚八兵衛 率いる捜査本部も、結局犯人の特定には至らず、1975年に時効成立を迎えた。

mig

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-00010000-abema-soci

 

6: 2016/12/25(日) 12:59:40.98 ID:wpp+dTzj0 BE:961799614-PLT(13001)
>>1からの続き
事件の中心には、ある“疑惑の少年“がいるとされている。彼が関係する非行グループは、遺留品から出た証拠とも関連がある地域で、3億円事件に似た手口の現金強奪事件を起こしていた。しかしその少年は謎の死を遂げており、詳しい捜査が行われなかったという。事件発生から5日後の夜、少年の母親からの119番通報があった。病院に収容されたときには少年はすでに呼吸、脈拍ともなく、深夜1時30分に死亡。死因は「青酸カリ」による中毒死で、父親が知り合いの板金工場から入手していたことも分かった。

現金輸送車に乗っていた4人の銀行員は刑事になりすまし、密かに少年の顔を確認。“80%以上似ている“と判断された。しかし、ここである矛盾が生まれる。事件発生前に日本信託銀行に届いた脅迫状に貼られた切手の唾液から検出された血液型は、少年のものとは一致しなかったのだ。そこから複数犯だった可能性が浮上する。

3億円事件を40年前から取材するジャーナリストの近藤昭二 さんが、この複数犯説を裏付けるかのような、ある“新真実“を明かした。

「現金輸送車を奪って、次の逃走用のカローラに積み替えて逃げますね。これの中にですね、発見後の鑑識によると、吸い殻入れに何種類もの吸い殻があるんですよ」

事件発生から4カ月後に見つかった、逃走時に使われたカローラ。その中には数種類の煙草が残されていたという。

 

8: 2016/12/25(日) 13:00:42.71 ID:wpp+dTzj0 BE:961799614-PLT(13001)
>>6からの続き
「犯人のものかどうかもわかりませんが、第3者が吸ったハイライトがあるんですよ。よく平塚さんと喧嘩しましたね、この点では。単独か複数か、私は複数説をとったものですから。なぜかこの煙草の吸い殻は問題になりませんでしたね」

“伝説の刑事“といわれた平塚八兵衛は、最後まで単独犯説をとりつづけた。仮に複数犯だった場合、3億円もの大金が盗まれたのに情報がどこからも漏れないのはおかしい。他にも様々な状況証拠から、平塚は単独犯説を曲げず、1975年の時効成立を迎えた。

現場取材は5000件以上、数々の事件をレポートしてきたレポーターの所太郎さん は事件から40年を機に、事件関係者の話を再度聞きに行ったという。その時、ある関係者に「下手に話すと殺される」と、真剣な声で言われたという。

事件に動員された捜査員のべ17万人。捜査対象になった人間のべ11万人。捜査費用およそ10億円。事件から48年。所太郎さんは、事件を振り返り、こう話す。

「我々が3億円事件と思って見ている構図と、本当の3億円事件は違う構図があるんじゃないか。我々が知っている3億円事件は、作られた3億円事件なんじゃないか――」。

三億円事件(さんおくえんじけん)は、東京都府中市で1968年12月10日に発生した、窃盗事件である。三億円強奪事件ともいわれる。1975年(昭和50年)12月10日に公訴時効が成立し未解決事件となった。
13393191990001
現金輸送車に積まれた東京芝浦電気(現・東芝)従業員のボーナス約3億円(2億9430万7500円)が、白バイまで用意した偽の白バイ隊員に奪われた事件である。被害金額3億円は現金強奪事件としては当時の最高金額であった
三億円強奪事件ともいわれているが、事件のあった日本において、本件犯行は強盗罪には該当せず、窃盗罪となる。犯人が暴力に訴えず計略だけで強奪に成功していること、盗まれた3億円は日本の保険会社が支払った保険金により補填され(事件の翌日には従業員にボーナスが支給された)、その保険会社もまた再保険(日本以外の保険会社によるシンジケート)に出再していたので損害の補填をうけ、直接的に国内で金銭的損失を被った者がいなかったという認識から、及び被害金額2億9430万7500円の語呂から、“憎しみのない強盗”のあだ名もある。
警視庁捜査において容疑者リストに載った人数は実に11万人、捜査した警察官延べ17万人、捜査費用は7年間で9億円以上が投じられる空前の大捜査となったが、1975年(昭和50年)12月10日、公訴時効が成立(時効期間7年)。1988年(昭和63年)12月10日、民事時効成立(時効期間20年)。日本犯罪史に名前を残す未解決事件となった。
犯人が残した遺留品が120点もあったため、犯人検挙について当初は楽観ムードであった。ところが、遺留品は盗難品や一般に大量に出回っているものであったため犯人を特定する証拠とはならず、大量生産時代の弊害に突き当たってしまった。
poseter
12月21日にモンタージュ写真が公表された。しかし、これは通常のモンタージュ写真のように顔のパーツを部分的につなげて作成されたものではなく、事件直後に容疑者として浮上した人物(後述する立川グループの少年S)が犯人に似ているという銀行員4人の証言を根拠とした上で、少年Sに酷似した人物の顔写真をそのまま無断で用いたものであった。本来“このような顔”として示す程度のモンタージュ写真を“犯人の実写”と思い込んだ人が多く、そのために犯人を取り逃がしたのではないかという説もある。
img4f163c81zikezj

少年S(仮名:関根篤)
立川グループのリーダー格。事件当時は19歳。

53905904

容疑理由(状況証拠)は以下の通り。

「車の三角窓を割り、ドアの鍵を開けてエンジンとスターターを直結する」という車の窃盗手口が同じ。地元出身で土地勘があり、車やバイクの運転技術が巧み。1968年3月に立川市のスーパーで「発炎筒をダイナマイトと見せかけた強盗事件」を起こした仲間と親しい。父親は白バイ隊員で、白バイに関する知識が豊富。親族以外のアリバイが不明確。事件前に東芝や日立の現金輸送車を襲う話をしていた。」

だが、以下のような反証が上げられており、単独犯の場合は犯人ではないことを示した。血液型はA型で、脅迫状の切手のB型と異なっていた。脅迫状の筆跡が異なっていた。
多摩農協脅迫事件のある脅迫状の投函日であった8月25日には、少年鑑別所にいた。
Sは事件5日後の1968年12月15日に自宅で父親が購入していた青酸カリで自殺。Sの自殺については、自殺するような人間ではないとの少年Sの仲間の証言や青酸カリが包まれた新聞紙には父親の指紋しかついていなかったことから疑問視する意見がある。
翌日、捜査本部は実行犯を間近で目撃した4人の銀行員たちをS宅に招き、Sの顔を面通しをさせた。4人全員がSが実行犯に「似ている」または「よく似ている」と答えたことを根拠の一つに、1968年の12月21日にSに酷似したモンタージュ写真が公開された。
その後で警察はSを「シロ」と断定した。なお、後の警察の補充捜査で、4人の銀行員の目撃証言について4人が同室で証言させられたことで他の銀行員の意見に引きずられやすい雰囲気の中で調書が作成されたこと等の問題点が浮上している。
wiki

 

4: 2016/12/25(日) 12:59:28.00 ID:9Xu9yvJQ0
はぁ?何で銀行振り込みにしないの?

 

30: 2016/12/25(日) 13:12:14.73 ID:N5pX8bMe0
>>4
給料、ボーナス現金手渡しだったんだよ
自分も二十歳位までは手渡しだった

 

74: 2016/12/25(日) 13:50:30.80 ID:ebQYIBo/0
>>4
三億円事件をきっかけに銀行振込化がすすんだ

 

5: 2016/12/25(日) 12:59:37.36 ID:XUmwRXjo0
犯人に殺されるのかー

 

10: 2016/12/25(日) 13:02:03.40 ID:ZhNMIkXS0
警察関係者は犯人が誰か知ってたけど
逮捕できなかったといってたやつか

 

15: 2016/12/25(日) 13:03:36.22 ID:4sQo2Ycn0
日本国内では誰も金銭的な損をしていないんだっけ

 

16: 2016/12/25(日) 13:04:05.06 ID:TKrSSiZW0
手口が良すぎるんだよな~

 

20: 2016/12/25(日) 13:06:22.69 ID:6/fASVUr0
>>16
手口はボロボロだろ
しかし運は良かった…

 

24: 2016/12/25(日) 13:08:39.01 ID:xV8EjtHGO
つまりこの事件は何かを隠すための目眩ましか(適当)

2016-0624_Monta-TOP

31: 2016/12/25(日) 13:12:26.61 ID:Rdbllwjh0
「事件を装った壮大なエンタメだった」

 

34: 2016/12/25(日) 13:13:24.66 ID:6CckNqzy0
在日の犯罪だ!といえば、3割くらいはあたるの?

 

41: 2016/12/25(日) 13:15:37.00 ID:OU1iPnp/0
自殺した奴の親が警察だったしな

 

42: 2016/12/25(日) 13:15:56.16 ID:yRIW7q+A0
あれ?警察の息子が犯人で自殺済。
で話ついたんじゃなかった?

 

46: 2016/12/25(日) 13:17:33.34 ID:OU1iPnp/0
>>42
その事実も相当時間経って出たしまぁ間違いないだろう

 

43: 2016/12/25(日) 13:16:34.07 ID:KOqLmsg70
白バイに見せかける塗装したり、ジュラルミンのケース積み替える車を盗んできたり
準備できる期間を持ってるので現金輸送の日時、ルートをきっちり知り得る関係者

7241702d

48: 2016/12/25(日) 13:18:47.41 ID:OwJ5mzYa0
金はどこいったのかだな
白バイ隊員経由して警察かな

 

52: 2016/12/25(日) 13:21:04.91 ID:7X0xPSIq0
>>48
犯人の親の警察官が燃やした説があるな
まぁ燃やすくらいなら隠すと思うけど

 

55: 2016/12/25(日) 13:22:01.55 ID:NCqxfJW00
外国人組織の犯行は未解決!

 

57: 2016/12/25(日) 13:23:05.84 ID:wpp+dTzj0
誰も死なず、ボーナスも保険でまかなわれたし、
警察も不祥事が露見することなく未解決事件として処理できた

 

63: 2016/12/25(日) 13:26:24.17 ID:9qKe0bJN0
当時の三億円は、今ならどの位の価値があるの?

 

65: 2016/12/25(日) 13:30:13.27 ID:7X0xPSIq0
>>63
3倍半ほどだから10億ほど

 

95: 2016/12/25(日) 14:25:09.13 ID:790T2E8a0
>>65
当時のサラリーマン平均年収は72万円だぞ
もっと多いだろ

 

100: 2016/12/25(日) 14:31:18.56 ID:mldY3Ek10
>>95 日本が異様に物価上昇してないだけでそんな感じらしいよ

 

88: 2016/12/25(日) 14:06:18.56 ID:ITrHCSkD0
エンタメ的にも経済回したよな

 

92: 2016/12/25(日) 14:13:10.78 ID:EERXKSQK0
日本じゃ昭和の未解決殺人はとっくに時効成立しているけど
米国は今になっても数十年前の殺人を捜査したりするよね
十分な土地があって古い事件の証拠品まで保管できているとか
そういう余裕もあるんだろうけど

 

32: 2016/12/25(日) 13:13:01.09 ID:7X0xPSIq0
半ば以上都市伝説化しとるな

 

 

 

 

引用元:http://www.akb48matomemory.com/archives/1063305238.html

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top